Doorkeeper

Unityワークショップ for SHOCK#2 (ショッカソンSub)

2015-09-14(月)19:00 - 21:00

ヴァル研究所 セミナールーム

東京都杉並区高円寺北2-3-17 高円寺NKビル

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
ショッカソン本編の参加者以外でもご参加いただけます。

詳細

UnityでArduinoをコントロールしてショッカソンに臨もう!!

触覚ハッカソン(ショッカソン)のスピンオフ・プレイベント!

(9/11 15:40追記)
募集定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。たくさんのお申し込みを頂きまして、ありがとうございました!

また、あのスイッチサイエンスさんが協賛いただけることとなりました!!現地で一部の部品の現金購入をいただけます!(限りがありますので、ご自身で必要なものはご準備ください。)


2D/3Dゲームエンジンとして知られるUnityですが、最近は非ゲーム向け開発でも大いに活用されはじめています。

今回のワークショップでは、Unityを使いつつArduino等のハードウェアを制御する方法を学ぶことで、触覚を実現するためのモバイルやウェラブルデバイスのプロトタイプ手法を身につけることをゴールとします。

開催概要

イベント名: Unityワークショップ for SHOCK#2 (ショッカソンSub)
日時: 2015/9/14(月)
 開場 18:30
 本編 19:00〜21:00 (予定)
費用: 無料
定員: 20名
会場: ヴァル研究所 セミナールーム
住所: 東京都杉並区高円寺北2-3-17 高円寺NKビル
地図: https://goo.gl/maps/yUVCL
アクセス: JR高円寺駅 北口より徒歩3分
持ち物: 開発用PC、Arduino、USBケーブル(Arduino接続用)、他部材
*ショッカソン本編に参加しなくとも同イベントには参加可能です。
*Unityは事前にインストールをしてお持ちください。
 SDKのダウンロードはこちらからどうぞ
*電源タップをご持参頂けますと幸いです。
 (床から全員分を取るのが難しいと思われるため)
*Arduinoについて、運営側でも若干数用意しますが、お持ちいただけますようお願いします。
*可能であれば、ブレッドボード、ジャンパー線、LED、ブザー、センサー類もご持参ください。
*申し込み時のアンケートに「チームメンバー」とありますが「なし」とのご記入で結構です。お一人でも参加出来ます。
*飲み物等は各自で持参してください。
 (自販機等がフロアにありません)

インストラクターのご紹介

jona
常名隆司 氏
Unity Technologies Japan

竹内氏
竹内伸(たこぴん)氏
富士ゼロックス株式会社/竹内兄弟/ヒャッカソン/TMCN Maker

yamazaki
やまざきはるき 氏
spicebox/ヒャッカソン/TMCN

取材・撮影等のお願い

開催時に写真・ビデオの撮影を行い、SNSへの投稿等を行うことがあります。また、主催者および協賛団体が開催報告等でウェブ掲載を行うことがありますので、事前にご了承をいただけますようお願いします。

ショッカソンとは

「新しい触覚体験(製品やサービス)の創造」をテーマに、
これまでの視覚や聴覚による体験に「触覚」を加えた新しい五感体験や、
新しいコミュニケーションやライフスタイルの可能性を追求する、
ハッカソンイベントです。

ショッカソン本編の募集ページ

https://shock-a-thon.doorkeeper.jp/events/29976

Day1.アイデアソン(+ TMCN Night)開催日時

・2015年9月23日(水祝)13:00-20:00
・募集人数:100名

Day2,3ハッカソン開催日時

・2015年10月3日(土)10:30-4日(日)19:00
・募集人数:60名
※申し込み方法は別途ご案内いたします。

主催

ショッカソン実行委員会
 富士ゼロックス株式会社
 一般社団法人T.M.C.N
 株式会社スパイスボックス

協賛

ユニティ・テクノロジー・ジャパン合同会社
http://japan.unity3d.com/

株式会社スイッチサイエンス
https://www.switch-science.com/

サブイベント会場提供

ヴァル研究所

コミュニティについて

ショッカソン

ショッカソン

ショッカソンは2014年8月に初開催された「ショッカソン2014」を皮切りに、触覚をテーマにしたイベントを開催しています。 http://shock-a-thon.org

メンバーになる